ママ×薬剤師×鍼灸師の美容と子育て情報サイト

二児ママ×薬剤師×鍼灸師~キレイなままで元気に子育てをテーマに育児と美容のお役立ち情報をお届けします。

おすすめパズル!2歳で80ピース完成!これまでやったことをご紹介

f:id:aco-blo:20200413105748j:image

1歳や2歳くらいからの知育玩具で人気があってよくおすすめされているジグソーパズル。

うちの子はパズルが全然できない。遊んでくれない。

なんて思っていませんか?

 

それは多くは勘違い!

成長に応じた適性なパズルを順番に与えていけば少しずつできるようになります。

 

現在2歳5ヶ月の娘は80ピースのジグソーパズルを楽々こなします。

※2歳8ヶ月で108ピース完成できました!

ジグソーパズル2歳で100ピース以上完成!パズルで身につく力は? - ママ×薬剤師×鍼灸師の美容と子育て情報サイト

 

80ピースは4〜6,7歳のパズルです。

でも娘が特別天才というわけではありません。

パズルの選び方が良かったと思っています。

 

今日は2歳5ヶ月で80ピースを1人こなせるようになるまでに選んだおすすめのパズルをご紹介します。

 

結論から言うと、1番上達のきっかけになったのはくもんのジグソーパズルでした。

 

揃えておきたいおすすめパズル(~2歳)

個人差はありますが、パズル最初に興味を持ち始めるのは、だいたい10か月くらい~2歳くらいかな?と思います。

娘にはあえてこちらからパズルを勧めることはしませんでした。

が、興味を示したときにいつでもできるようにいくつかパズルは用意しておきました。

 

といっても、息子のおさがりもあります。

小さなうちは絵柄が男の子用とかそういうのは関係ないように思います。

それより1歳過ぎくらいから(できれば2歳までに)ある程度用意しておくといいと思います。

興味を示し始めたらすぐ遊ばせれるようにして、それらで遊んで、できるようになったらレベルアップできるパズルを少しずつ購入していくという感じです。

 

我が家が最初に揃えたパズルをご紹介します。

  • ノブ付き木製パズル
  • キューブパズル
  • くもんのジグソーパズルSTEP1、STEP2

 

それでは2歳で80ピースができるようになったきっかけのパズルやおすすめパズルを順番にご紹介していきます。

 

パズルデビューにおすすめはこれ!~娘1歳7ヶ月

最初にパズルをパズルとして遊んだのが1歳7ヶ月頃でした。

デビューは少し遅めかな?と思います。

主に遊んだのは、木枠パズルとキューブパズル。

 

ノブ付き木製パズル

木の枠にただはめていくだけのパズルです。

大人からしたらこんなのパズルなの?と思うかもしれませんが、子どもからすると最初は上手にできません。

それでもシンプルなので、割とすぐにコツを掴みます。

カチッと上手にできるとすごく喜ぶパズルです。

最初は4〜8個くらいで1つの枠に1つはめるだけの簡単なタイプがいいと思います。

小さな成功体験の積み重ねが成長の秘訣だと思っています。

ちょっと頑張ればできるレベルのパズルを繰り返して、パズルって楽しい!と子供が感じればどんどんパズル好きの子になると思います。

 

DJECOキューブパズル

こちらのキューブパズルは、完全に私の好みで購入しましたが、喜んで遊んでいたパズルです。

ポップな絵柄が可愛すぎてつい集めてしまいました。

キューブパズルも簡単な4個から揃えておくといいと思います。

 

先ほどの木枠パズルは形を見て想像して完成させるパズルです。

それに対して、キューブパズルは絵を見て想像して完成させていくパズルです。

f:id:aco-blo:20200413104954j:plain

 

パズルを完成させるには、絵と形の両方を手がかりにするんだなーとこの頃の娘が気付いたか気付いていないかは分かりません。

が、結果今は2歳5ヶ月で80ピースこなすようになっているので、木枠パズルとキューブパズルはおすすめです。

 

おすすめのキューブパズルについては↓↓

キューブパズルおすすめ7選!初めての知育玩具にも最適! - ママ×薬剤師×鍼灸師の美容と子育て情報サイト

 

ジグソーパズルデビューにおすすめ!くもんのジグソーパズルSTEP1~娘1歳10ヶ月

木枠パズルとキューブパズルがさっとできるようになった頃に遊び始めたのが、くもんのジグソーパズルでした。

このくもんのジグソーパズルが、娘のパズルへの意欲を湧き出してくれて、無理なく一気にパズルスキルを成長させたと思っています。

 

くもんのジグソーパズルがよかった理由

ジグソーパズルデビューにくもんジグソーパズルがおすすめだった最大の理由は、少しずつステップアップができること。

f:id:aco-blo:20200413105015j:plain

くもんのジグソーパズルのSTEP1は、2ピース〜6ピースまでのパズルが8種類1セットで入っています。

 

枠なしのいわゆるジグソーパズルって子供からするとすごく難しいんです。

でもくもんのジグソーパズルは2ピースからあります。

ピースの凸凹部分をはめて完成させるということが、2ピースなら1番簡単に理解できます。

そして、1ピースずつピースを増やしていけるので、子供が飽きたり投げ出したり嫌いにならない状態がキープできます。

少し頑張ると「できた!」が実感できるジグソーパズルなのです。

 

他には

  • 小さい子が持ちやすい大きさ
  • 小さい子が遊んでも破れにくい厚手の素材
  • STEP0~STEP7までシリーズがあって段階に応じて適切なシリーズが選べる

こういった理由からジグソーパズルデビューにはもちろん、無理なくピース数を増やしていけるのでパズルスキルを上げるためにもおすすめです。

 

くもんジグソーパズルのメリットなどはこちらに詳しく書いています↓↓

【口コミ】くもんジグソーパズルはパズルデビューやスキルアップに最適! - ママ×薬剤師×鍼灸師の美容と子育て情報サイト

 

同じSTEPでも違う絵柄の種類がいくつか出ているので、子供の興味がある絵柄にするとより楽しく遊んでくれるかもしれません。

電車好きの子だとSTEP7まで列車系の絵柄があるので、ずっと楽しめます。

ちなみに我が家の娘はSTEP2止まりでした。

2歳過ぎると好みがはっきりしてきます。

娘の場合は、くもんのジグソーパズルには好みの絵がなくなってしまったのでSTEP2の先は違うパズルにしました。

後ほど書きます。

 

それでも娘のパズルスキルの基礎ができたのはくもんのジグソーパズルのおかげなので、そろえておくのはおすすめです。

ただ、最初に揃えるのは個人的にはSTEP2まででいいと思います。

 

くもんのジグソーパズルSTEP2~娘2歳

2歳近くになると、くもんのジグソーパズルSTEP1を裏向きで完成させるようになりました。

特に教えたわけではありません。

きっと物足りなくなったんだと思います。

f:id:aco-blo:20200413105037j:plain

 

木枠パズル、キューブパズル、くもんのジグソーパズルSTEP1で、絵と形を見てパズルは完成させるんだと完全に理解できたかな?と思った瞬間でした。

 

ということで、くもんのジグソーパズルSTEP2へ。

STEP2の対象年齢は2歳以上。

9ピース〜20ピースまで4種類が1セットになっています。

 

最初は苦戦しましたが、予想通り数日で全部1人で完成させられるようになりました。

f:id:aco-blo:20200413105026j:plain

兄のおさがりなので新幹線

特に特別なことはしていませんが、最初は一緒に完成させます。

すると、全体像が理解できるからか次からは手伝う回数も減ります。

そして気付いたら1人で完成できるようになっているという感じです。

 

パネルパズルへ~娘2歳3ヶ月

先程も書きましたが、この頃になると好みがはっきりしてきて好きなのはアンパンマン、プリンセス。

くもんのジグソーパズルには好みの絵がなかったので卒業しました。

アンパンマンやプリンセスの20ピースくらいのジグソーパズルが見当たらなかったので、パネルパズルを買うことに。

 

パネルパズルのいいところは

  • 枠があること
  • 凸凹でないのではめやすい
  • 土台に当てはまるピースの印がある

 

レベルアップのスピードが上がりやすいので、いくつかまとめて購入しておくのがおすすめです。

我が家で使ったパネルパズルをいくつかご紹介しておきます。

 

くもんのジグソーパズルSTEP2までできるようになっているので、30ピース程度のパネルパズルは楽々にこなします。

ただ、はめやすい分ズレやすいので、手が当たったりしてズレるとよく怒ってました。笑

f:id:aco-blo:20200413081834j:plain

こちらは60ピース。大好きなディズニー。

それでもパネルパズルには大好きなアンパンマンやディズニーがたくさんあるので、娘のパズルやりたい欲がさらに加速したように思います。

 

パネルパズル30ピース→80ピースへ

パネルパズルに慣れるとレベルアップしても2日もあればすぐ1人でできるようになります。

f:id:aco-blo:20200413081844j:plain

80ピースのパネルパズル

やはり最初の木枠パズル、キューブパズル、くもんのジグソーパズルでパズルの総合的な力がついたからじゃないかな?と思っています。 

総合的な力とは

  • 想像力
  • 思考力
  • 集中力

あとは、できたときの達成感を何回も重ねているので諦めません。

 

こどもジグソーパズル70ピース→90ピース(途中)

パネルパズルは80ピースまでしか見当たらなかったので、ジグソーパズルに戻りました。

こどもジグソーパズルは、70ピースだと1ピース大体6cmの大きさです。

2歳5ヶ月でも扱いやすい大きさで、素材も丈夫なのでおすすめです。

 

やはりパネルパズルよりは苦戦していましたが、大好きなエルサなのでやり切りましたよ。

(もちろん最初は一緒にやりました)

f:id:aco-blo:20200413081824j:plain

2歳を過ぎてくると子供の好きなキャラクターで選んであげるのを強く強くおすすめします。笑

 

90ピースはまだ私がお手伝いして完成させる感じです。

1ピース5cmで少し小さくなる分扱いにくいそうなので、無理はさせていません。

 

それでも2歳5ヶ月でパネルパズル80ピース、ジグソーパズル70ピースを1人で完璧に完成させられるようになりました。

特別なことはしていません。

用意したパズルが良かったんだと思います。

 

お子さんに合うパズルを探したい方はジグソーパズル・パネル専門店【ジグソークラブ】 で探すのがおすすめ。

かなり種類が豊富で定価よりお値打ちに購入でします!

 

パズル遊びを上達させるコツ

長々書きましたが、子供のパズルスキルを上達させるコツをまとめておきます。

  • 無理には勧めない
  • いつでも始められるようにある程度用意しておく
  • 年齢ではなくパズルスキルに応じたパズル選びが大切
  • 最初の頃はくもんのジグソーパズルがかなりおすすめ
  • 最初は一緒に完成→そのうち1人で完成の流れ
  • 少しずつレベルアップして小さな達成感を積み重ねる
  • 褒める褒める褒める←重要!

 

まとめ

知育玩具の1つでもあるジグソーパズル。

お子さんができるようになるポイントは、どんなパズルで遊ぶかだと思います。

良かったら参考にしてみてください。

 

>>関連記事

おすすめ子供向けパズル!可能性を伸ばす選びのポイントもご紹介 - ママ×薬剤師×鍼灸師の美容と子育て情報サイト