ママ×薬剤師×鍼灸師の美容と子育て情報サイト

二児ママ×薬剤師×鍼灸師~キレイなままで元気に子育てをテーマに育児と美容のお役立ち情報をお届けします。

【授乳服】必要?メリットとデメリットを解説

f:id:aco-blo:20200317090143j:image

妊娠するといろいろ初めてのことで分からないことがたくさんありますよね。


授乳服(マタニティフェア)もそのひとつだと思います。

絶対必須ではないけど、あったら便利そう。

実際どうなの?


私は2回出産してますが、どちらの時も授乳服と普通の服を着ていました。

そんな経験から感じた授乳服のメリットとデメリットを解説します。


あ、そもそも授乳服は必要なの?の答えは、人それぞれです。

メリットデメリットを知った上でご自身で判断されるのがいいと思います。

授乳服とは?

妊婦さんや授乳期のママのためにデザインされて作られた服のこと。

大きなお腹でも楽に着られたり、授乳しやすいような工夫がなされています。


例えば、胸部分はファスナーがついていたり、スリットとともに生地が二重になっていたりします。

また、基本的にお腹や腰まわりがゆったりとしたデザインで作られています。


最近はおしゃれなデザインもたくさんあります。

おしゃれ雑誌にも載ったりします↓↓

授乳服のメリットとは?

授乳のしやすさ

当たり前ですが、授乳期のママのために作られた服なので授乳のしやすさはピカイチです。

家の中でもお出かけ中でも授乳コールは突然やってきます。

授乳するのにもたもたしてられません。

授乳のときに赤ちゃんとのポジションも大切です。

ささっと安定したポジションで授乳してあげられるのが大切です。

泣かれると焦りますしね。

授乳服なら待たせることなくささっと準備して授乳できます。

 

授乳服が必要と感じる場面が意外とたくさんある

これは産んでから気付くことですが、必要と感じる場面は意外多く、しかもすぐやってきます。

時には緊急で必要になることもあります。

  • お宮参りやお食い初め
  • 外出先
  • 来客時
  • 寒い季節
  • 冠婚葬祭


ざっとあげただけでこんな感じです。


お宮参り、お食い初め

普通の服でもいいといえばいいですが、赤ちゃんの初めての大きな行事はかしこまった格好をするママが多いと思います。

神社へご祈祷、家族でお食事、記念撮影…

これだけのことでも赤ちゃんと一緒だと結構時間がかかります。

そしてまだまだ頻回授乳の時期です。

授乳室がある保証も授乳室が空いてる保証はありません。

限られた場所でもさっと授乳がしやすい授乳服なら安心ですね。


外出先

こちらも同じように授乳室がある保証も授乳室が空いてる保証もありません。

場合によっては人目のつかない場所であげなければいけないことも…

授乳服の場合は授乳ケープをかぶってしまえば見えるなんてことはありません。

普通の服の場合は下からペローンとめくるのでお腹や背中が見えてしまう可能性がありますからね。

万が一の時に恥ずかしい思いをしなくて済むのは授乳服ですね。


来客時

赤ちゃんが生まれると親戚やお友達など多くの方がやってきます。

嬉しいことですが、そろそろ授乳かな…と気が気じゃなくなるのが私たちママ。

せっかく来てくれたのに授乳のために席をたつのもなんだか申し訳ないし、でも見られるのも嫌だし。

ママは大変ですよね。

こんな時も授乳服なら授乳ケープやおくるみをかぶってしまえば人前でもスマートに授乳ができます


寒い季節

うちは息子が真冬生まれでした。

断言します!

冬生まれのママさんは授乳服は最低限でいいから揃えてー!

もう寒いの。

特に夜中なんて寒さが倍増です。

そんな時にお腹や背中まで出して授乳なんて過酷すぎです。

授乳服なら胸だけなので寒さが最低限におさえられます。


冠婚葬祭

フォーマルな服装はワンピースが多いですよね。

普通のワンピースだと授乳はそれはそれは不便です。

私は2回の出産の中で6回もフォーマルな授乳服を着ました。

なんだかんだ必要になるときがくるのです。

しかもお葬式の場合は急に必要になります。

私は2回お葬式で着ました。

フォーマルな授乳服もたくさんあります↓↓


授乳後も使える

授乳服は妊娠中から授乳期までと思っていませんか?

基本的にはその時期用に作られたものなのでそうかもしれません。

ただ最近の授乳服はおしゃれで可愛いデザインのものが多いのです。

物によっては授乳期が終わったあとも普通の服として着られます。

(実際私は着てました)


不要になったら授乳服なら割と高値でしかも早く売れる

これは私の実体験を元にした感覚です。

でもあながち間違ってないと思います。

不要になった授乳服は主にメルカリに出品していましたが、だいたい1着3000円くらいならすぐ売れます。

※もちろん使用感やデザインにもよります

物によってはそれ以上の値でお譲りできました。

普通の服だと、百貨店に入っているようなブランドでもなかなか売れません(泣)


ママの気持ちに寄り添ってくれる

これは私個人的に感じたことですが、授乳のたびに1日何回も服をまくって授乳をする。

そんな自分の姿をふと客観視してしまう時期がありました。

その時、なんだか自分が女じゃないみたい、、

そう感じてしまいました。

※個人的に自分自身を客観的に見て思っただけです

 

授乳服は最低限の部分しか出しません。

客観的に見ると、ただ赤ちゃんを抱っこしているママでいられます。

そんなふとしたモヤモヤも授乳服が救ってくれました。

授乳服のデメリット

割高

限られた時期の人たち向けの特殊な服なのでしょうがないことですが、全体的に割高になります。

とはいえ、頻繁にセールをしているのでお値打ちに購入できることもあります。

そして、最後に売ってしまえば割高ということもないのかもしれません。


値段の割に生地がよくない

これも私の感覚です。

授乳をすると赤ちゃんの吐きこぼしや母乳で服がどうしても汚れやすくなります。

そのため、授乳服は洗濯で簡単に洗えて乾きやすい素材が多いです。

それはいいことですが、例えばウールよりアクリルやポリエステルのような生地が多く、値段に対する質としてはやはり低い印象です。

※作りはしっかりしてますし、透けるとかそういうことではないです

GUよりはいいけどユニクロよりは下かなという感じ。


使用期間が限られている

先程の授乳後も使えると真逆のことですが、物によっては授乳後はもう使わないものも出てきます。

そういった面ではもったいないと感じる方もいらっしゃると思います。


完全ミルクの場合は必要なし

当たり前ですが、ミルクだと必要ありません。

ただ私はマタニティ期から着ていたので、未使用で無駄になることはありませんでした。

こんな授乳服ブランドがあるよ

ここまで読んで、授乳服が必要だなと思ったママさんへ。

授乳服ブランドもたくさんあるので私が購入したブランドをご紹介します。

スウィートマミー

私が最も購入した授乳服ブランドです。

ミルクティー

授乳服に見えないデザインが多くてお洒落なママライフを楽しめると思います。

 

エンジェリーベ

商品のラインアップが豊富です。

ニッセン

ベビー服となってますが、授乳服のサイトにとべます↓↓

エンジェリーベやニッセンは割とお値打ちなので、とりあえず試したい方や部屋着用として購入したい方にもおすすめ。

 

授乳服ブランドについてより詳しく知りたい方は【比較】ネット通販で買える授乳服ブランド5社 - 薬剤師×鍼灸師×ママの育児と美容のお役立ち情報

まとめ

授乳服が必要かそうでないかは人それぞれ。

ただ授乳期のママのために作られた授乳服には魅力もたくさんあります。

授乳の時期は少し大変だと感じるママさんが多いと思います。

授乳服を着る着ない関わらずできるだけ快適に毎日を過ごしたいですよね。

是非参考にしてみてください。