ママ×薬剤師×鍼灸師の美容と子育て情報サイト

二児ママ×薬剤師×鍼灸師~キレイなままで元気に子育てをテーマに育児と美容のお役立ち情報をお届けします。

【比較】鼻吸い器手動と電動のメリットデメリット

f:id:aco-blo:20200326050815j:image

出産してから気付きましたが、赤ちゃんって本当に鼻がかめないですよね。

赤ちゃんというか、3歳くらいまで上手にかめません。

なのによく鼻がつまります。


そんな時に必要になってくるのが鼻吸い器。

個人的に鼻吸い器は絶対必須なアイテムです!

が、手動の鼻吸い器と自動の鼻吸い器のどちらを買おうか最初は悩みました。

ちなみに我が家は最終的にどちらも購入した派です。


今回は手動と自動の鼻吸い器を両方とも実際使ってみて感じたメリットとデメリットをそれぞれご紹介します。

【比較】鼻吸い器〜手動

手動鼻吸い器の使い方

チューブの先を子供の鼻の穴の入れて、吸い口にパパママの口をつけて吸うといういたってシンプルな使い方。

手動の鼻吸い器の多くがこの使い方です。


手動鼻吸い器のメリット

持ち運びに便利

とにかく軽くて小さいので持ち運びに困ることはありません

手持ちのバッグに楽に入る大きさです。

ちょっとしたお出かけのときはもちろん、例えば帰省や旅行でも公共交通機関を使う場合のような荷物をできるだけ少なくしたいときにもおすすめです。


安い

お値段は数百円なので手軽に試せます。

例え壊れたりなくしたりしてもダメージも少なくていいですよね。

 

微調整が可能

吸うのはパパママなので、子供の状況に応じて吸う力を微調整しやすいです。

泣いたり暴れたりしても素早く中断することができます。


手動鼻吸い器のデメリット

吸引力が弱い

吸うのはパパママです。

ということは、吸う力はパパママの肺活量にかかっています。

肺活量がある男の人なら割と早くしっかり吸い取ることができるかもしれませんが、女の人だと途中で疲れてしまうかもしれません。

私がそうだったので…

 

うつる可能性が大

構造的に吸った鼻水がパパママの口に直接入ることはありませんが、チューブで直接吸うわけなので風邪のウィルスは入ってきやすくなります。

子供の風邪といえどあなどってはいけません。

普通にうつります。

アレルギー系の鼻水ならうつる心配はないのですが、風邪の場合の鼻水のときは手動の鼻吸い器は要注意です。

 

気分的に抵抗がある

これは私が個人的に感じたことですが、チューブ越しといっても鼻水を直接口で吸うのはなんだか抵抗がありました。

同じように感じる方は手動の鼻吸い器は向いていないかもしれません。


手動鼻吸い器のラインナップ

オーソドックスなタイプです。

こちらはパパママが口で吸うのではなくて、スポイト式の鼻吸い器。

【比較】鼻吸い器〜電動

自動の鼻吸い器はコンセントに繋いで使う据え置きタイプともう少し小ぶりのハンディタイプがあります。

自動鼻吸い器の使い方

吸い取る部分を子供の鼻の穴に入れてスイッチオン。

自動でもとっても簡単なので誰でも簡単に使いこなせます。


電動鼻吸い器のメリット

吸引力がある

とにかく吸引力が強いので、頑固な鼻水もジュルジュルっと吸い取れます。

最初は子供もびっくりするかもしれませんが、素早く吸い取ることができるので短時間で済みます

 

うつる心配が少ない

吸ってくれるのは機械なので、鼻水を吸ったことによって風邪がうつるという心配はほぼありません。

余計な気を使わなくていいですね。

 

操作もお手入れも意外と簡単

操作は先程もあげたようにとっても簡単!

お手入れもチューブや鼻水がたまる部分がそれぞれ取り外せて洗えるので簡単です。


電動鼻吸い器のデメリット

高い

手動に比べると当然ですがお値段は高くなります。

据え置きタイプの場合だと1万は越えます。

 

壊れたら…とか思ったりする方もいらっしゃるかもしれませんね。

ちなみに我が家では4年使ってますが、今でも普通に動いてます。

 

外出には不向きな場合も

めちゃくちゃ重いものではないけど、軽いものでもありません。

めちゃくちゃ大きいわけではないかど、小さいものでもありません。

場合によっては外出時に持ち歩くのは不便かと思います。

ちなみに我が家が持っている電動の鼻吸い器は、幅約24cm×奥行き約10cm×高さ約16cmくらいで重さは1kgほど。

 

ただ、ハンディタイプは据え置きタイプより小さくて軽いので、持ち歩きは割と便利です!

 

音がうるさい

機械なのでしょうがない部分ではありますが、音は結構します。

びっくりしてスイッチを入れた瞬間泣いてしまうお子さんもいるかもしれません。

あとは夜中に鼻水を吸おうと思うと、音で他の人が起きてしまう可能性もあります。

とはいえ、うちの子たちは夜中にどちらかを吸っていてもだいたい起きません。笑


自動鼻吸い器のラインナップ

据え置きタイプの自動鼻吸い器

据え置きタイプといえばこの二つ!

ハンディタイプの自動鼻吸い器

こちらは静音タイプでなんとおやすみ中でも音が気になりません。

まとめ

まとめてみると、手軽なのは手動、吸引力を求めるなら電動という感じです。

ハンディタイプは、手動と据え置きタイプのちょうどいいところを合わせたようなタイプになります。

 

どちらも使ってみた結果、我が家は圧倒的に電動の鼻吸い器のお世話になっています

4歳の息子もいまだに風邪をひいたときは鼻吸い器で吸引しています。


手動鼻吸い器、電動鼻吸い器それぞれのメリットデメリットをふまえてご家庭に合ったものを選んでみてください。