ママ×薬剤師×鍼灸師の美容と子育て情報サイト

二児ママ×薬剤師×鍼灸師~キレイなままで元気に子育てをテーマに育児と美容のお役立ち情報をお届けします。

【口コミ】くもんジグソーパズルはパズルデビューやスキルアップに最適!

f:id:aco-blo:20200516091017j:image

知育玩具としても人気のあるジグソーパズル。

ただ、小さい子ができるジグソーパズルって意外と種類が少ないんです。

そんな中、くもんのジグソーパズルは口コミ評価もよく、ジグソーパズルデビューやパズルのスキルアップにかなりおすすめです!

4歳と2歳の子がいる我が家でも使っていますが、くもんジグソーパズルのおかげで2歳の娘は今では80ピース以上のジグソーパズルをこなせるようになりました。

 

娘が80ピース以上ができるようになるまでに使ったパズルはこちらで紹介しています↓↓

おすすめパズル!2歳で80ピース完成!これまでやったことをご紹介 - ママ×薬剤師×鍼灸師の美容と子育て情報サイト

ちなみに4歳の息子は100ピース程度のジグソーパズルをこなします。

 

今日は、くもんジグソーパズルがパズルデビューやパズルのスキルアップにおすすめの理由や使ってみて感じたメリット、パズルで身につく力などをご紹介します。

 

 

【口コミ】くもんのジグソーパズルがジグソーパズルデビューにおすすめの理由

f:id:aco-blo:20200516080251p:plain

公式サイトより

2ピースから取り揃えられている

先ほども書きましたが、小さな子でもできるようなピースが少なめのジグソーパズルって意外と見かけません。

 

木の枠にはめたりするようなパズルはたくさん見かけるのですが…

ジグソーパズルは凸凹を組み合わせて1枚の絵を完成させるのでより高度になります。

でも子供がパズルに興味を持ったらジグソーパズルにも触れさせてあげたいですよね。

 

くもんジグソーパズルは2ピースから揃っているので、まだジグソーパズルを知らない子でも1番簡単にジグソーパズルに挑戦ができます。

 

少しずつレベルアップができる

例えば、くもんのジグソーパズルのSTEP1は、2ピース〜6ピースまでのパズルが8種類1セットで入っています。

f:id:aco-blo:20200413105015j:plain

 

初めてジグソーパズルをやり始めたばかりの子でも、1ピースずつピースを増やしていけます。

1ピースずつ増やせるので無理なく楽しくパズル遊びが進められます。

 

大きさがちょうどいい

くもんのジグソーパズルSTEP1の対象年齢は1歳半~です。

例えば2ピースのパズルの場合は1辺が12cmあるので、もちろん1歳半の子が持ちやすい大きさです。

1人でパズルに集中できます。

 

破れにくい

1、2歳くらいの子に紙製のパズルってどうなのかな?と思いましたが、全く問題なしでした。

かなり厚めのボール紙で作られています。

f:id:aco-blo:20200413105005j:plain

最初のうちははめ方が分からず無理に力をかけたりもしていましたが、どこも破れたり折れたりしていません。

 

【口コミ】くもんジグソーパズルがパズルのスキルアップにおすすめの理由

ステップアップのタイミングが分かりやすい

くもんジグソーパズルの箱の裏には、完成時間のめやすが書いてあります。

f:id:aco-blo:20200516075617j:plain


年齢のめやすも書いてありますが、年齢こそ個人差があってそれぞれだと思います。

完成時間のめやすを参考にすることで、次のレベルに進んでいいころかな?まだこのレベルは早かったかな?

そんな事が親も判断しやすくなります。

 

自然に次のステップへ進める

くもんジグソーパズルは全部でSTEP0〜STEP7までシリーズがあります。

1つのSTEPが完璧にできるようになったら、その先のSTEPへ少しずつレベルアップしていけます。

しかもSTEP1だけでなく、各STEPで複数のピースが1セットになっています。

 

f:id:aco-blo:20200516075638j:plain

例えば、STEP2は9ピース、12ピース、16ピース、20ピースが1セットになっています。

少しずつピースが増やせるので、無理なくステップアップができますよ。

 

4ピースから箱ごとに分かれているので遊びやすくお片付けがしやすいのも嬉しいポイントです。

 

各STEPでシリーズが選べる 

くもんジグソーパズルは、同じSTEPでも絵柄のシリーズがいくつか出ています

例えばSTEP2の場合は「はたらくくるま」「しんかんせん」「どうぶつ」の3種類のシリーズがあります↓↓

 

子供の興味がある絵柄のシリーズにするとより興味をもって楽しく遊んでくれますね。

しかも列車系の絵柄はSTEP7まであります。

電車好きの子は喜んで遊んでくれると思いますよ。

スキルアップのスピードアップにも繋がると思います。

女の子向きには動物シリーズがあります。

ただデメリットというほどでもないんですが、STEP3くらいから絵柄が写実的なものもあってあまり可愛さがありません。

個人的にそう思うだけですが…

参考までに、STEP3の対象年齢は2.5歳〜です。

3歳だとまだまだ可愛い絵柄を好む子も多いです。

もう少し子供向きの可愛い絵柄があればなーと思います。

くもんジグソーパズルのその他のメリット

数字と形で組み立てられる

くもんジグソーパズルのピースの裏は数字が書いてあります。

ジグソーパズルに慣れてきたら数字を使って裏向きでパズルを完成させる楽しみ方もできます。

 

数字が読める息子は、数字から判断して裏向きでパズルを完成させたりしています。

f:id:aco-blo:20200516075627j:plain

娘はまだ数字が読めませんが、形で判断して裏向きでパズルを完成させてましたよ。

 

ピースをなくしても安心

ピースをなくしてしまうことは、ピースが多くなればなるほど結構あるあるです。

そんなときは、お客さまサポートの「お問い合わせフォーム」かフリーダイヤルでお問い合わせするといいようです。

 

f:id:aco-blo:20200516081609p:plain

公式サイトより

ジグソーパズルのメリット

算数が好きになるかも

ジグソーパズルは小さなピースの形や絵柄を見ながら大きな絵を完成させていきます。

 

図形や空間を考えることにも繋がるので、算数や数学が好きになる可能性があります。

というのも、私は小さい頃からジグソーパズルが大好きでした。

中学生になるまで塾みたいなのに通ったことはありませんでしたが、算数や数学は小学生の頃から得意分野で高校に入ると全国模試などで名前が載るくらいになれたのです。

 

楽しいとなんでも好きになりますね。

自然と算数が楽しいと思えるようになったのは、ジグソーパズルのおかげもあると思っています。

 

手先が器用になる

パズルを組み合わせるというのは手先をよく使います。

ジグソーパズルで遊ぶことで手先の器用さにも繋がります。

 

集中力がつく

子供を見ていて思うことは、ジグソーパズルに夢中になっているときはかなり静かにもくもくとやっています。

2歳くらいの時にここまで集中して遊べるおもちゃも少ないと思います。

ジグソーパズルを通して集中力は身につくように思います。

 

達成感を感じられる

正解がない自由な発想で組み立てて遊ぶおもちゃもありますが、ジグソーパズルは完成形がはっきりとあります。

ジグソーパズルは、完成できたときの達成感をたっぷりと味わえる知育玩具だと思います。

 

完成できたときの子供の嬉しそうで少し自慢げな顔は本当に生き生きしています。

達成感の積み重ねで自信も身につくと思います。

 

まとめ

ジグソーパズルで得られることはたくさんあります。

くもんジグソーパズルなら1歳くらいの子でも無理なく楽しめてさらにレベルアップしていける工夫がたくさん詰まっています。

 

ジグソーパズルデビューやジグソーパズルのスキルアップに是非参考にしてみてください