ママ×薬剤師×鍼灸師の美容と子育て情報サイト

二児ママ×薬剤師×鍼灸師~キレイなままで元気に子育てをテーマに育児と美容のお役立ち情報をお届けします。

【体験談】4歳児にやってもらってよかったお手伝い

お手伝いって何歳頃からさせるといいの?

どんなお手伝いをしてもらったらいいの?

 
お手伝い自体は、1〜2歳で始めされる家庭も多いそうです。

うちもそうでした。


ただ当たり前ですが、1、2歳だとお手伝いと言えるようなことはできません。

時間もかかるしうまくできないこともあります。

子ども自身も思ったようにできなくて機嫌が悪くなることもあります。

親の心の余裕があるときはいいですが、そうじゃないときは親だってどうしてもイライラしちゃいますよね。


それが4歳くらいになるとお手伝いをしてもらうと本当に助かることが多くなりました。

今回は、我が家の体験談とともに4歳児にやってもらってよかったお手伝いをご紹介します。

 

お手伝いをしてもらうときに気をつけていること

まずは、お手伝いをしてもらうにあたっていくつか心にとめていることをご紹介します。 

ちゃんとお願いする

当たり前のことかもしれませんが、お手伝いをさせるではなくてしてもらう姿勢は大切だと思っています。

親でも子どもでも目線は一緒。

「〜してほしいな」「〜してくれると嬉しいな」「お願いします」

ちゃんとお願いする姿勢を忘れないようにしています。

 

普段しつこいくらいにお手伝いをしたがる子だって、気分がのらないときはお手伝いしたがりません。

ちゃんとお願いすることを習慣にすると、ボクがワタシがやらなくっちゃ!という気になるように思います。

どんなときもお願いしたら、お手伝いしたい!お手伝いするぞ!と思ってもらえると親も嬉しいですよね。

それを目指しています。 


終わった後は必ず感謝の言葉

お手伝いをしてもらった後は必ず「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えています。

ありがとうと一緒に「助かったよ」「嬉しかったよ」など私が言われて嬉しい言葉もかけるようにしています。

その時の子どものはにかむような満面の笑みは本当にキュンとなるくらい可愛いですよ。

きっと子どもも嬉しいんですね。

 

遊びの要素を取り入れる

お手伝いに限らずまずはなんでも楽しくが1番!

よーいどん!と競争にしてみたり、歌を歌いながらやってみたり、お手伝い自体を遊びっぽくできるようにしています。

 

お手伝いっていつからかめんどくさいものに変わっていったりしませんか?

↑私のことです。

 

いつまでも遊びのように楽しいお手伝いができたらなーなんて思っています。

 

怒らない

うまくできなかったり時間がかかっても怒らないのも気をつけています。

お手伝いをしてもらうのに怒ってしまっては本末転倒。

お手伝いしたってどうせ怒られる…なんて子どもの心に刻まれてしまわないように広い心も持って待つことも大切。

 

それでもいつでも仏のように穏やかでいられるわけではありません。

私は気持ちに余裕があるときにお手伝いをお願いする。

何か予定があるなど時間を気にしたいときは、初めてするお手伝いは避ける。

こんな工夫をしています。

※ふざけすぎて怪我の危険があるときなどはしっかりいいますよ

 

危ないときは目を離さない

何事も安全第一ですよね。

怪我をしないように火や包丁などを使うときは目を離さない、余計な物は置かないようにしています。

 

お手伝いをしてもらってよかったこと

自信がつく

お手伝いを通して「できた!」というきっかけが増えると思います。

そうすると少しずつ自信が生まれたように思います。

どことなく顔つきも凛々しく見えることも増えましたよ。

 

責任感がうまれる

先程のちゃんとお願いする姿勢からつながることかもしれませんが、このお仕事はボクがやらなくちゃ!と責任感が知らず知らずのうちに芽生えていました。

頼られると誰でも嬉しいものですよね。

子どもも同じだと思います。

 

考える力がうまれる

何回か同じお手伝いをしていると、少しずつ作業効率が上がっていきます。

時にはヒントを何気なく伝えてみたりしますが、子どもなりに考えてどうしたら上手にできるか試行錯誤している姿が見られます。

 

親子の絆が深まる

お手伝いという、子どもも家族の対等な一員として役割を果たすことは、お互いの絆を深めるように思います。

親は子どもへ信頼や感謝の気持ち。

子どもは責任感や自信。

それがより深い絆に結びついているように思います。

ハグをしたりスキンシップも増えますしね。

 

4歳児にやってもらってよかったお手伝い

雑巾かけ

廊下でも窓拭きでも単純に遊びにしやすいお手伝いなのでおすすめです。

廊下だと2歳の娘と競争しながらやっています。

窓拭きだと自分の背より高いところをジャンプして吹いたりとにかく楽しそうにやってくれます。

親としては、拭きムラがあっても対してダメージがないのも嬉しいポイントです。

 

お手伝い=楽しいが1番実感できるお手伝いだと思います。

f:id:aco-blo:20191228152929j:plain

洗濯物をたたむ

ハンカチなどの簡単なものはもっと小さなうちからできます。

4歳くらいになると少しずつ複雑なものもたためるようになります。

レベルアップ形式で楽しみながら、最初はたたみ方を教えます。

それを見ながら真似します。

そのうちたたみ方を覚えます。

そうすると次はもっと綺麗にたたもうとか次はあれがたたみたいとか意欲がでてきます。

 

自分から何かをする、したいという気持ちを湧き出させるのに洗濯物をたたむお手伝いは良かったです。

 

お皿拭き

ご飯のあとは一緒にキッチンに立ってお皿拭きのお手伝いもおすすめです。

割れものなので気をつけなければいけませんが、お皿拭きなら洗剤でツルツル滑ることもないのでまだ安心してお願いできます。

 

お皿拭きのお手伝いは、物を大切にするということを学ぶのにいいお手伝いだと思います。

というのも、うちの4歳児は気分でよく食べムラがありました。

食べたいと言っていたものを作ってもいらないと残すことも多々…

破棄することももちろん多く、でも食べ物を大切にすることを言葉で伝えてもなかなか伝わりません。

 

お皿拭きのお手伝いでは、残ったものが捨てられていく姿も目にします。

「もう食べれないからバイバイするね」とゴミ袋へ。

その姿に思わず「あーかわいそう」と息子が一言。

 

そのあたりから「バイバイになるとかわいそうだからちゃんと食べる」というようなことを言い出すようになりました。

残すことは相変わらずありますが、食べ物を捨てるのはかわいそうという感情が芽生えたのは立派な成長だと思います。

 

あとは、食器は割れものも多いので、割れないようにと気をつける癖も身につきました。

 

靴を揃える、片付ける

簡単なお手伝いですが、靴を揃えるお手伝いでは息子の優しさがアップしました

 

簡単にできるからこそかもしれません。

いつからか2歳の娘の靴も揃えてあげるのが当たり前になっています。

最近では、お出かけするときに私たちの靴まで下駄箱から靴を出して履きやすいように揃えてくれます。泣

周りを思いやる気持ちが全開になります。

f:id:aco-blo:20200309185853j:plain

まとめ

4歳児は思った以上のお手伝いができます。

そして、思った以上にお手伝いを通して成長を私たち親に見せてくれます。

 

もしよければ参考にしてみてください。