ママ×薬剤師×鍼灸師の美容と子育て情報サイト

二児ママ×薬剤師×鍼灸師~キレイなままで元気に子育てをテーマに育児と美容のお役立ち情報をお届けします。

【簡単】離乳食の手間を軽くするアイディア

f:id:aco-blo:20200323160026j:image

離乳食って毎日続くと結構手間で大変です。

疲れているときや食べてくれない日が続くとママのメンタルもやられます。


今回は離乳食の手間を少しでも軽くする簡単なアイディアをまとめました。

【簡単】離乳食の手間を軽くするグッズ

離乳食用調理セット

離乳食の1番めんどくさいことは、食べれる固さに茹でたり細かくしたりとにかく時間がかかること。

ベビーグッズブランドのリッチェルから出ている離乳食用の調理セットは、なんと電子レンジでご飯からお粥作れるおかゆクッカーがついています。

1食分のお粥を電子レンジで短時間で作れるのは簡単で手間いらずで本当に助かります。

もちろんすりおろす、裏ごしする、すりつぶすの基本的なグッズもセットになっています。

 

ストック分を保存しておく小分けパックや離乳食のレシピ本もついているので、これさえあれば離乳食もすぐに簡単に始められます。

 

ブレンダー

ブレンダーも離乳食作りを簡単に便利にしてくれます。

ティファールのベビーマルチは、離乳食のような少量でもきれいに均一につぶしたり攪拌できる離乳食用のブレンダーがついています。

もちろん通常のブレンダーもついているので、離乳食に限らず普段のお料理でも問題なく使えます。

その他、チョッパーや泡だて器も付属しているので、「離乳食作り、つぶす、混ぜる、切る、刻む、泡立てる」がこのブレンダー1つでできるので便利です。

 

ただ音が手作業よりもちろん大きいです。

赤ちゃんが起きてしまうかな?とか心配だと思います。

パパがいるときに子供を見てもらって、その間にまとめて潰してストック分を作っていまうのもありです。

ブレンダーは、力を入れることなく短時間でたくさん潰せるので、ストック分を作る時に特におすすめです。


ストックが増えると離乳食に対するストレスも減りますよね。

【簡単】離乳食の手間を軽くするサービス

食材の宅配

離乳食の手間だけでなく、小さい子を持つママは食料品のお買い物も結構大変です。

そんなときは配達サービスを使うのもいいですね。

いろんな種類を食べさせてあげたいと思いつつ、自分で買うとどうしても似たようなものになりがちです。

Oisixは、旬の食材や有機栽培の野菜だけでなく、主菜と副菜が20分でできるミールキットが入っているセットもあります。

毎日の献立を考える手間が省けるだけでなく、キットでささっと作れるので便利です。

余裕ができた分、離乳食作りに時間を割けますよね。

離乳食の食材もオイシックスに入っている野菜やお肉やフルーツを使えばいいので、離乳食で何を使おう?と悩む必要もありません。

 

初めての方限定で14品1980円でお試しできます!

oisixおためしセットを試してみる

 

今日はどんな食材かな?と小さなワクワクもありますよ。

 

離乳食の宅配

Mi+

Mi+ ミタスは宅配型の離乳食。

小児科医のママが監修していて栄養士のママが食材を厳選しています。

旬の野菜がすぐ離乳食としてあげられるピューレになってお届けされます。

もちろん調味料、添加物、保存料は不使用なので安心です。

離乳食の手間を省いてその分子供と触れ合いたい!なんてママや自分で離乳食を作るとどうしても使う食材が同じになりがち…なんてママにもおすすめです。

 

なんと初回限定5食が980円でお試しできます!

Mi+(ミタス)を試してみる

Mi+

【簡単】離乳食の手間を軽くするベビーフード

定期購入はちょっと…という方やベビーフードはたまにでいい!という方は、単純にベビーフードの単品購入がおすすめ。

最近はたくさんの離乳食があります。

離乳食は自分で作ったものを…と思うときもあると思いますが、疲れたときやお出かけのときはママのメンタルや仕事量を減らすためにも頼ってしまうのが簡単でいいと思います。


おすすめの離乳食はこれ↓

オーガニックのベビーフードです。


蓋付きなので、必要な分だけ出して使うことができます。

食べる量が安定しない離乳食期でも無駄になることがないのでいいですよね。

溢れる心配もないし、瓶のベビーフードのように重くないので、持ち運びにも便利です。


月齢ごとにあります。

まとめ

離乳食の手間を減らすアイディアは簡単なことばかりです。

離乳食は、ママの悩みの種になりがちなものでもあります。

気がついたらこだわりすぎてしまうこともあります。

離乳食は毎日続くものです。

毎日肩の力を抜いて続けられるように、頼れるものには頼って楽しく離乳食ライフができるといいですよね。